怯み対策メガエルレイド

意味不明発言多発

ポケモン剣盾[S14 最終116位] 欠陥ボルトラオスコントロール

f:id:shin_0207_ly312:20210201135441j:plain

どうも、シーラです

今回はシーズン14で最終116位、レート2027を達成したので構築を記事を書くことにしました

若干雑ですが見ていただけると嬉しいです!





[構築経緯]

挑発持ちのHD霊獣ボルトロスで環境に多いサンダーやポリゴン2に有利になりやすいと感じたためここから組み始めた

霊獣ボルトロスが不利をとりやすいランドロスドリュウズなどに強い水ウーラオス

この2体では厳しいドラパルトやカイリューウツロイドに後出しの効くHDポリゴン2を採用

エースバーンに有利を取り展開していける珠霊獣ランドロス

水ウーラオスやHDポリゴン2では少し厳しいアタッカー型の霊獣ランドロスアローラキュウコンに強めで2匹目のエースであるテッカグヤ

ここまでできつい瞑想や鉄壁持ちのカプ・レヒレに強く、奇襲性の高い鉢巻カプ・ブルルを採用し構築が完成した


[個体紹介]

1.カプ・ブルル
f:id:shin_0207_ly312:20210131133755g:plain
特性:グラスメイカー 性格:意地っ張り 持ち物:拘り鉢巻
数値:177(252)-200(+252)-135-×-115-96(4)
技構成:ウッドハンマー/ウッドホーン/インファイト/ストーンエッジ

フィールド化鉢巻ウッドハンマーで耐久無振りのエースバーンが37.5%の乱数、威嚇込み耐久無振り霊獣ランドロスが81.2%で落ちるくらいには火力があります

ゴリランダーで良くない?って聞かれると思うがゴリランダーにするとドラパルトのダイドラグーンの一貫が出来てしまうというのが少し気になったのでカプ・ブルルを採用した

それ以外にも今のブルルはHBの宿り木持ちというイメージが根付いてるため鉢巻ブルルで奇襲しやすいのでは、と考えました

最後の試合で3タテしたのカッコよすぎる





2.霊獣ランドロス
f:id:shin_0207_ly312:20210131133810g:plain
特性:威嚇 性格:陽気 持ち物:命の珠
数値:165(4)-197(252)-110-×-100-157(+252)
技構成:地震/空を飛ぶ/ストーンエッジ/剣の舞

構築全体で隙を見せやすいエースバーンに対してダイマックスで切り返していく エースバーン入りに積極的に選出した

最初はラムのみを持たせていたが発動機会がサンダーの暴風混乱くらいで若干火力が足りないことの方が気になったので命の珠に変更

命の珠にしたことにより構築全体で厳しいバトン系のパーティにいる弱点保険持ちのバシャーモを1発で倒すことが出来るのも良い点です





3.霊獣ボルトロス
f:id:shin_0207_ly312:20210131134710g:plain
特性:蓄電 性格:控えめ 持ち物:ウイのみ
数値:184(236)-×-91(4)-188(+44)-120(156)-130(68)
技構成:ボルトチェンジ/ヘドロ爆弾/気合玉/挑発

構築の組み始め HDにすることで珠サンダーのダイジェットを4割で抑えることができる

挑発でサンダーの羽休めやポリゴン2の自己再生、カバルドンの展開を阻止することができ、気合玉でナットレイなども相手が可能

ヘドロばくだんはゴリランダーへの有効打だったり、ボルトロスダイマックスを切ることも少なからずあったため火力を上げることができるダイアシッドはなかなか強かったです

個人的にCやSを削って物理耐久を少し上げてもいい気がしたのでそこは改善の余地あり





4.ウーラオス(連撃)
f:id:shin_0207_ly312:20210131135730g:plain
特性:不可視の拳 性格:陽気 持ち物:拘りスカーフ
数値:175-182(252)-121(4)-×-80-163(+252)
技構成:インファイト/水流連打/雷パンチ/蜻蛉返り

ボルトロスと同時選出することで互いの苦手なポケモンに対してトンボルチェンで対面操作を行う

雷パンチにしているがHDポリゴン2だとカイリューが若干怪しいため冷凍パンチにするのはあり

僕がやらかしたのでキョダイ個体です 半年前の僕がバカ




5.テッカグヤ
f:id:shin_0207_ly312:20210131154459g:plain
特性:ビーストブースト 性格:控えめ 持ち物:パワフルハーブ
数値:173(4)-×-123-174(+252)-121-113(252)
技構成:ラスターカノン/エアスラッシュ/メテオビーム/身代わり

陽キャテッカグヤ 有利対面でメテオビームを撃つとサンダー出てきて倒れてeasy winという試合は少なくなかった

性格は臆病も考えたが臆病にしてもダイジェット+1で最速エースバーンやアーゴヨンを抜けないため火力重視で控えめにしました

身代わりを採用することでダイウォールは勿論、吹き飛ばしを採用してないカバルドン(地震ワンウェポンが減った気がする)を起点にすることができる

構築によってはランドロスと同時選出することもあった





6.ポリゴン2
f:id:shin_0207_ly312:20210131155159g:plain
特性:アナライズ 性格:生意気 持ち物:進化の輝石
数値:191(244)-100-112(12)-126(4)-160(+244)-72
技構成:空元気/冷凍ビーム/アイアンテール/自己再生

特殊受け ボルトロスと同時選出することでよりサンダーに強く出れる

ウーラオスを出された時に択を発生させてしまうことが最大の難点であり、裏に引けず突っ張らなければならないという状況になると厳しい

エースバーンも同様に択を発生させてしまうがダイマックスを切り、飛び膝蹴りを透かすためにダイウォール ダイアタックで素早さを下げ裏に繋ぐといった動きで対処することも可能なため器用なポケモンであった

また、テッカグヤ入りのパーティにはなるべく選出するようにした 宿り木持ちでも耐久に振らなかったり、フルアタだったりとHDポリゴン2でも対応できることが殆どでした

そして自覚がほんとに良かったです ほんとに偉すぎる





[きついポケモン、並び等]

・エースバーン
受け出しができない
めちゃくちゃ厳しいわけではないが気をつけないと崩される恐れがある



・ウーラオス
エースバーンと同様に受け出しができない 悪ウーラオスはあまり選出されなかったが水ウーラオスはよく選出された
ブルルやカグヤ、強引にこちらのウーラオスで処理するしかないが抜群技をとられやすいのが厳しい



ポリゴン2
明確な対処方法がない
ダイマ前提のやつは無理です



・ウオチルドン
数こそ少ないですがいざ来ると辛い そもそも僕のパーティは氷の一環がやばい



アローラキュウコン
氷の一貫があるのはもちろん、オーロラベールを必ず展開させてしまう アローラキュウコンがいたら必ずテッカグヤは選出してた



フェローチェ
氷の一貫があr…
特殊が特にやばい 当たってないけど



・初手ダイマ構築
これは単に僕が初手ダイマ構築の勝ち方が分からないだけなんですが、相手の選出を読み切らないと勝つのは少し厳しい



思いつくのは大体これくらい 終盤は全部キツく見えた





[後語り]

前期に来シーズンから3ヶ月竜王戦のルールということを知った時に今のルールで2000行きたいと強く思ったので、中盤辺りからしっかり構築を考えて無事レート2000を超え、更に116位という順位を達成出来たのはほんとに嬉しかったです

本当のことを言うともう少し潜りたかったですが今まで最終レート2000越えだったことがなかったので今回は2000帯で1勝出来たら撤退しようと決めました

今シーズンからの3ヶ月はガチでやるというより緩く楽しくやっていこうかなと思います 竜王戦のルールやったことないのと伝説のポケモンをガチ対戦で使ったことないので

また新しいシリーズになったら本格的に上位を目指して頑張っていこうと思います! 次は最終2桁目指して頑張ります!

ここまで見ていただきありがとうございました!そしてシーズン14お疲れ様でした!


f:id:shin_0207_ly312:20210206175408j:plain
f:id:shin_0207_ly312:20210201135844j:plain