怯み対策メガエルレイド

意味不明発言多発

ポケモン剣盾[S14 最終116位] 欠陥ボルトラオスコントロール

f:id:shin_0207_ly312:20210201135441j:plain

どうも、シーラです

今回はシーズン14で最終116位、レート2027を達成したので構築を記事を書くことにしました

若干雑ですが見ていただけると嬉しいです!





[構築経緯]

挑発持ちのHD霊獣ボルトロスで環境に多いサンダーやポリゴン2に有利になりやすいと感じたためここから組み始めた

霊獣ボルトロスが不利をとりやすいランドロスドリュウズなどに強い水ウーラオス

この2体では厳しいドラパルトやカイリューウツロイドに後出しの効くHDポリゴン2を採用

エースバーンに有利を取り展開していける珠霊獣ランドロス

水ウーラオスやHDポリゴン2では少し厳しいアタッカー型の霊獣ランドロスアローラキュウコンに強めで2匹目のエースであるテッカグヤ

ここまでできつい瞑想や鉄壁持ちのカプ・レヒレに強く、奇襲性の高い鉢巻カプ・ブルルを採用し構築が完成した


[個体紹介]

1.カプ・ブルル
f:id:shin_0207_ly312:20210131133755g:plain
特性:グラスメイカー 性格:意地っ張り 持ち物:拘り鉢巻
数値:177(252)-200(+252)-135-×-115-96(4)
技構成:ウッドハンマー/ウッドホーン/インファイト/ストーンエッジ

フィールド化鉢巻ウッドハンマーで耐久無振りのエースバーンが37.5%の乱数、威嚇込み耐久無振り霊獣ランドロスが81.2%で落ちるくらいには火力があります

ゴリランダーで良くない?って聞かれると思うがゴリランダーにするとドラパルトのダイドラグーンの一貫が出来てしまうというのが少し気になったのでカプ・ブルルを採用した

それ以外にも今のブルルはHBの宿り木持ちというイメージが根付いてるため鉢巻ブルルで奇襲しやすいのでは、と考えました

最後の試合で3タテしたのカッコよすぎる





2.霊獣ランドロス
f:id:shin_0207_ly312:20210131133810g:plain
特性:威嚇 性格:陽気 持ち物:命の珠
数値:165(4)-197(252)-110-×-100-157(+252)
技構成:地震/空を飛ぶ/ストーンエッジ/剣の舞

構築全体で隙を見せやすいエースバーンに対してダイマックスで切り返していく エースバーン入りに積極的に選出した

最初はラムのみを持たせていたが発動機会がサンダーの暴風混乱くらいで若干火力が足りないことの方が気になったので命の珠に変更

命の珠にしたことにより構築全体で厳しいバトン系のパーティにいる弱点保険持ちのバシャーモを1発で倒すことが出来るのも良い点です





3.霊獣ボルトロス
f:id:shin_0207_ly312:20210131134710g:plain
特性:蓄電 性格:控えめ 持ち物:ウイのみ
数値:184(236)-×-91(4)-188(+44)-120(156)-130(68)
技構成:ボルトチェンジ/ヘドロ爆弾/気合玉/挑発

構築の組み始め HDにすることで珠サンダーのダイジェットを4割で抑えることができる

挑発でサンダーの羽休めやポリゴン2の自己再生、カバルドンの展開を阻止することができ、気合玉でナットレイなども相手が可能

ヘドロばくだんはゴリランダーへの有効打だったり、ボルトロスダイマックスを切ることも少なからずあったため火力を上げることができるダイアシッドはなかなか強かったです

個人的にCやSを削って物理耐久を少し上げてもいい気がしたのでそこは改善の余地あり





4.ウーラオス(連撃)
f:id:shin_0207_ly312:20210131135730g:plain
特性:不可視の拳 性格:陽気 持ち物:拘りスカーフ
数値:175-182(252)-121(4)-×-80-163(+252)
技構成:インファイト/水流連打/雷パンチ/蜻蛉返り

ボルトロスと同時選出することで互いの苦手なポケモンに対してトンボルチェンで対面操作を行う

雷パンチにしているがHDポリゴン2だとカイリューが若干怪しいため冷凍パンチにするのはあり

僕がやらかしたのでキョダイ個体です 半年前の僕がバカ




5.テッカグヤ
f:id:shin_0207_ly312:20210131154459g:plain
特性:ビーストブースト 性格:控えめ 持ち物:パワフルハーブ
数値:173(4)-×-123-174(+252)-121-113(252)
技構成:ラスターカノン/エアスラッシュ/メテオビーム/身代わり

陽キャテッカグヤ 有利対面でメテオビームを撃つとサンダー出てきて倒れてeasy winという試合は少なくなかった

性格は臆病も考えたが臆病にしてもダイジェット+1で最速エースバーンやアーゴヨンを抜けないため火力重視で控えめにしました

身代わりを採用することでダイウォールは勿論、吹き飛ばしを採用してないカバルドン(地震ワンウェポンが減った気がする)を起点にすることができる

構築によってはランドロスと同時選出することもあった





6.ポリゴン2
f:id:shin_0207_ly312:20210131155159g:plain
特性:アナライズ 性格:生意気 持ち物:進化の輝石
数値:191(244)-100-112(12)-126(4)-160(+244)-72
技構成:空元気/冷凍ビーム/アイアンテール/自己再生

特殊受け ボルトロスと同時選出することでよりサンダーに強く出れる

ウーラオスを出された時に択を発生させてしまうことが最大の難点であり、裏に引けず突っ張らなければならないという状況になると厳しい

エースバーンも同様に択を発生させてしまうがダイマックスを切り、飛び膝蹴りを透かすためにダイウォール ダイアタックで素早さを下げ裏に繋ぐといった動きで対処することも可能なため器用なポケモンであった

また、テッカグヤ入りのパーティにはなるべく選出するようにした 宿り木持ちでも耐久に振らなかったり、フルアタだったりとHDポリゴン2でも対応できることが殆どでした

そして自覚がほんとに良かったです ほんとに偉すぎる





[きついポケモン、並び等]

・エースバーン
受け出しができない
めちゃくちゃ厳しいわけではないが気をつけないと崩される恐れがある



・ウーラオス
エースバーンと同様に受け出しができない 悪ウーラオスはあまり選出されなかったが水ウーラオスはよく選出された
ブルルやカグヤ、強引にこちらのウーラオスで処理するしかないが抜群技をとられやすいのが厳しい



ポリゴン2
明確な対処方法がない
ダイマ前提のやつは無理です



・ウオチルドン
数こそ少ないですがいざ来ると辛い そもそも僕のパーティは氷の一環がやばい



アローラキュウコン
氷の一貫があるのはもちろん、オーロラベールを必ず展開させてしまう アローラキュウコンがいたら必ずテッカグヤは選出してた



フェローチェ
氷の一貫があr…
特殊が特にやばい 当たってないけど



・初手ダイマ構築
これは単に僕が初手ダイマ構築の勝ち方が分からないだけなんですが、相手の選出を読み切らないと勝つのは少し厳しい



思いつくのは大体これくらい 終盤は全部キツく見えた





[後語り]

前期に来シーズンから3ヶ月竜王戦のルールということを知った時に今のルールで2000行きたいと強く思ったので、中盤辺りからしっかり構築を考えて無事レート2000を超え、更に116位という順位を達成出来たのはほんとに嬉しかったです

本当のことを言うともう少し潜りたかったですが今まで最終レート2000越えだったことがなかったので今回は2000帯で1勝出来たら撤退しようと決めました

今シーズンからの3ヶ月はガチでやるというより緩く楽しくやっていこうかなと思います 竜王戦のルールやったことないのと伝説のポケモンをガチ対戦で使ったことないので

また新しいシリーズになったら本格的に上位を目指して頑張っていこうと思います! 次は最終2桁目指して頑張ります!

ここまで見ていただきありがとうございました!そしてシーズン14お疲れ様でした!


f:id:shin_0207_ly312:20210206175408j:plain
f:id:shin_0207_ly312:20210201135844j:plain

ポケモン剣盾[S4最終465位]全滅ミロカロスサイクル


どうも シーラです 今回はサイクルパで割といい感じの順位までいけたので記事にしようと思います 最終日は全然勝てませんでしたが、200~400位付近をキープできてはいたのでそこまで悪くはないと思います あまり上手に書けてないのでそこは許してください

↑31日13時時点(ツイート参照)

TN ピタカゲ

[構築経緯]
キョダイラプラスに対面で勝てる弱保ドラパと大体のカビゴンの型に強いかえんだまミロカロスを主軸に組み始めた


[個体紹介]
1.ドラパルト

特性:すりぬけ 性格:意地っ張り 持ち物:弱点保険
数値:193(236)-181(+196)-101(44)-108(-)-96(4)-166(28)
技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/空を飛ぶ/大文字

有名な弱点保険ドラパルトの調整を参考にした 弱点保険発動+ダイジェットが非常に強力で使いやすかった キョダイラプラスをドラパルトで倒すことはそれなりにあったが、裏にカビゴンなどの引きさきがいるとダイマを切るタイミングが少し難しかった

2.トゲキッス

特性:天の恵み 性格:臆病 持ち物:ラムのみ
数値:161(4)-×-115-172(252)-135-145(+252)
技構成:マジカルシャイン/エアスラッシュ/大文字/悪巧み

無難に採用した カビゴンヒートロトムがいたら出来るだけ選出をしないようにしていたので選出率が1番低い パーティ全体で崩せない並びはトゲキッスで強引に突破した(怯み)

3.ホルード

特性:力持ち 性格:陽気 持ち物:拘りスカーフ
数値:161(4)-102(204)-101(28)-×-100(20)-143(+252)
技構成:地震/岩石封じ/イカサマ/蜻蛉返り

これも有名な調整を参考にした 電気の一貫を切れ、サイクルを回せるため採用した 岩石封じはなんとなくで採用したが結構上手くいった スカーフイカサマでドラパルト倒すのが楽しすぎる

4.ロトム

特性:浮遊 性格:控えめ 持ち物:突撃チョッキ
数値:149(188)-×-127-172(+252)-127-115(68)
技構成:放電/ボルトチェンジ/オーバーヒート/悪の波動

準速キョダイラプラス意識でSを60族抜き抜き抜きまで伸ばした 正直抜き抜きくらいでよかったと思う 他にもギルガルドを上から殴っていくことができるなどSを伸ばしたのは間違いなくよかった トゲキッスがパーティ全体で刺さっているためチョッキでの採用は正解だった

5.ミロカロス

特性:不思議な鱗 性格:図太い 持ち物:火炎玉
数値:201(244)-×-144(+252)-121(4)-146(4)-102(4)
技構成:熱湯/黒い霧/ミラーコート/自己再生

今期のMVP 特性によって防御力が化け物になるので、並のDM物理技は受けきることができた 地割れや雷パンチ持ちカビゴン以外は基本的に戦えた 熱湯で火傷にされても空元気を持ってる個体が多かったため、火傷状態の後にドラパルトやナットレイで削りを入れる動きを行った 黒い霧と自己再生による体力管理やラプラスに起点になりやすかったりと少し難しかった

6.ナットレイ

特性:鉄の棘 性格:呑気 持ち物:食べ残し
数値:181(252)-114-201(+252)-×-136(4)-22 最遅
技構成:ジャイロボール/パワーウィップ/宿り木の種/守る

ミロカロスと同時選出をすることが多かった ギャラドスはこいつで対処していたが、大文字ギャラドスに2回当たって崩された


[きついポケモン]
ラプラス
普通にきつい
ギャラドス
大文字持ちは勘弁して
・悪巧みロトム
最終日にめっちゃ当たって全壊した
・原子の力トゲキッス
今期まあまあ当たって泡吹いた

など


[最後に]
最終日に思いもよらぬ不具合が発見されて心配でしたが1回も切断バグをされなくて良かったです 最終日前は割と勝てましたが、最終日は勝てる構築にも勝てなかったり、きつい構築のオンパレードだったりして自分の弱さを痛感したシーズンでした あとサイクルむずい




ここまで読んでくれてありがとうございました!また頑張ります!





追記
最終日7時で235位くらいだったので最高レートは2030くらいだと思います 最終レートは1985です

ポケモン剣盾[S2中盤最高25位] 襷オーロンゲ展開


どうも、シーラです
今回は簡単ではありますが最近まで使ってたパーティの構築記事です なんか勝てなくなって限界を感じたので(限界感じるの早い)記事という形で紹介しようと思います

[個体紹介]

サザンドラ
特性:浮遊 性格:臆病 持ち物:ラムのみ
数値:167(0)-×-110(0)-177(252)-111(4)-165(252+)
技構成:悪の波動/ラスターカノン/悪巧み/挑発

個人的にお気に入りの悪巧みサザンドラ 身代わりではなく挑発の理由としてはカバルドンを起点にしやすかったりHDヌオーなどの処理も安定したりと割と上手くいった 悪巧みダイスチルでダイマトゲキッスを倒せないのはゴミ


ドリュウズ
特性:すなかき 性格:陽気 持ち物:命の珠
数値:185(0)-157(252)-81(4)-×-85(0)-154(252+)
技構成:地震/アイアンヘッド/岩雪崩/剣の舞

すなかきエース カバルドンバンギラスがいないのですなかきが考慮されない選出をされることがまあまああった 基本的には後述のオーロンゲからダイロックで展開をしていく


オーロンゲ
特性:悪戯心 性格:意地っ張り 持ち物:気合の襷
数値:171(4)-189(252+)-85(0)-×-95(0)-112(252)
技構成:不意打ち/じゃれつく/ドレインパンチ/電磁波

このパーティの主役兼MVP 対面性能がとても高くドリュウズヒヒダルマを対面で処理が可能(怯みは非考慮) 電磁波は裏のポケモンで起点にして処理することがかなりの強みだった


ミミッキュ
特性:化けの皮 性格:陽気 持ち物:呪いの御札
数値:131(4)-142(252)-100(0)-×-125(0)-162(252+)
技構成:ゴーストダイブ/影うち/じゃれつく/剣の舞

特に言うことないです 珠はドリュウズがもっているので仕方なく呪いの御札 ゴーストダイブが場合によっては使い方がめんどくさかった


パッチラゴン
特性:はりきり 性格:陽気 持ち物:突撃チョッキ
数値:165(0)-152(252)-111(4)-×-90(0)-139(252+)
技構成:電撃くちばし/逆鱗/炎の牙/燕返し

オーロンゲで削ってダイジェットで通していくのがとても強力だった 基本的にダイマックスする前提で通すのではりきって負けた試合はそんなになかった 持ち物は諸説ですがシュカの実とかも良さげかも


アーマーガア
特性:ミラーアーマー 性格:腕白 持ち物:ゴツゴツメット
数値:205(252)-107(0)-172(252+)-×-106(4)-87(0)
技構成:ブレイブバード/挑発/羽休め/鉄壁

単なる物理受け パッチチラゴンとの相性補完が取れてるので同時選出は多かった 挑発は最初ポディプレスにしてた


[きついポケモン]
・ヌルアント
立ち回りを間違えるとアイアントに3タテされる アイアントに展開される前にアーマーガアで鉄壁を積んだりパッチラゴンでダイジェットを決めたりすることが重要

・受け回し+ドラパルト
受けポケモンに強いポケモンが全員ドラパルトに弱いので普通にきつい

パルシェン
積まれたら誰も受かりませーん オーロンゲで電磁波したりドリュウズで先にダイロックしないと3タテ不可避

トリトドン+アーマーガア
サザンドラとパッチラゴンでどうにかなると思ってるけど何故か上手くいかない 多分プレイングの問題


[最後に]
もう1週間ないのでできる限り全力は尽くします 皆さんも残り少ないシーズン2を頑張りましょう!

ポケモンUSUM [S17最高2019] ギガドリマンダリターンズZ

どうもこんにちは、シーラです 今回は初めてレート2000を達成したので記念に構築記事を書きました 文章書くのはほんと苦手なので温かい目で見ていただけると嬉しいです



[構築経緯]
まずは確定 毎シーズン、新しいギガドリパを作る時はこの4体から考えている そこにを採用して構築が完成した(構築経緯とは)

[個体紹介]

ギガイアス
特性:砂起こし 性格:慎重 持ち物:さらさら岩
数値:191(244)-155(0)-152(12)-×(0-)-145(252+)-45(0)
技構成:岩石封じ/大爆発/ステルスロック/重力

色違いめちゃカッコイイ ステロ重力爆発などの仕事をした後に繋ぐ の水Zや草Zも耐えて爆発で倒すことが出来るが格闘Zや熱湯で火傷を狙いに行ったり、悪波で怯ませてから水Zで処理をするなどの行為は大変不快で泣きそうになるのでやめて欲しいです どうしてもドリュが出せない時ピンで出すことも稀にあった 役割対象→


ドリュウズ
特性:砂かき 性格:意地っ張り 持ち物:ジメンZ
数値:185(0)-205(252+)-91(84)-×(0-)-85(0)-130(172)
技構成:地震/アイアンヘッド/岩雪崩/剣の舞

貧弱砂エース 鋼Zよりも火力があり、重力からの一貫性を考慮しジメンZを採用 こいつが通ってたとしてもアクジェや水手裏剣、マッハパンチなどの先制技持ちのポケモンが多い場合は注意が必要 Sは準速マンダの+1上昇抜きだが自分はマンダ入りに砂選出をあまりしないためそこまで意味がなかった のゴーストZ+かげうちを耐えることはできるがたまに耐えないので耐えなかったら運負け。



ボーマンダ
特性:威嚇→スカイスキン 性格:臆病 持ち物:ボーマンダナイト
数値:170(0)-×(0-)-150(0)-172(252)-111(4)-189(252+)
技構成:流星群/ハイパーボイス/大文字/羽休め

メガ枠 砂選出にしろ裏選出にしろとりあえず選出してたHBで受け出してきてハイボで半分削れるのは快感だった 今期はミラーで同速負けということは少なかった印象だが外して竜舞された場合、壊滅します



カプ・レヒレ
特性:ミストメイカー 性格:図太い 持ち物:ウイのみ
数値:176(244)-×(0-)-173(180+)-120(36)-151(4)-111(44)
技構成:波乗り/ムーンフォース/自然の怒り/挑発

HBにすることでなどに後投げをしやすいようにした(は育て方次第) 最速カプZなどを試してみたが最終的にこの型がいちばんよかった 火力がないのがネック



バシャーモ
特性:加速 性格:おっとり 持ち物:命の珠
数値:155(0)-145(36)-81(0-)-178(252+)-90(0)-128(172)
技構成:大文字/跳び膝蹴り/めざめるパワー氷/守る

今期はかなり選出を抑えた 技外しのせいで負ける試合もかなりあったので他の選出で対応できるのであれば選出しなかった 活躍する時はほんと活躍するので入れたのは間違いないと思う 今期は耐久に振ったが多かった印象なのでめざ氷倒せないことは割とあった



ナットレイ
特性:鉄の棘 性格:生意気 持ち物:フィラのみ
数値:180(244)-114(0)-160(68)-×(0)-177(196+)-22(0-) 最遅
技構成:タネマシンガン/ジャイロボール/叩き落とす/宿木の種

裏選出でサイクル戦をする場合に選出 叩きおとすはステルスロックでもいいと思う HDにした理由は瞑想めざ炎対策だが正直対策になってない 砂選出できない場合はこいつでをみてたけど7割くらい負けてた



[きついポケモン、並び等]
or
特殊マンダでゲンガーに勝てないし砂選出だとガッサとグライは無理



砂選出が最適だと思うけどそれでもきつすぎる



カバマンダに砂選出はできないし瞑想レヒレケアでナット連れていくとウルガきて積まれて終わり


ダストけたぐり冷ビ
という選出をした時に限って登場してくる 格闘Zを透かしたり威嚇で攻撃力下げたりサイクルしていけばいける ダストめざ炎と珠は発狂


ポディパエアスラ
取り巻きによってはほぼ勝てないク〇ポケモン


or
地獄



この世の終わり



自殺案件 最終日の初戦に当たって死んだ

他にもたくさんあります



[最後に]
このUSUM最後のシーズンでレート2000を達成出来たことがすごく嬉しいです 初めて1900を達成したしたのが去年の大晦日でそこから2000までが本当に遠かったです それでも諦めずに1つの目標に向かって頑張れたことは自分として成長できた点だと思っています 最高レートが2019と正直自分の中では少し悔しいと感じています たくさんの人から応援をさせてもらったことも嬉しかったです 本当に皆さんありがとうございました!



ここまで読んでくれてありがとうございました!そして7世代お疲れ様でした!

ポケモンUSUM [S17 最高2001] にわかロップスタン



どうも、シーラです。
今回は先日レート2000を達成したミミロップ入りのパーティの記事です。2000を達成したと言っても1905までは別のパーティで上げてそこから気分転換に使ったら結構勝てて何故かそのまま2000に来ちゃったという感じなのでほんと気軽で見てくれると助かります。あと文章系は苦手なのでご了承ください。

[個体紹介]

ミミロップ
性格:陽気 持ち物:ミミロップナイト
特性:じゅうなん→きもったま
数値:141(4)-188(252)-114(0)-×-116(0)-205(252)
技構成:恩返し/猫騙し/跳び膝蹴り/身代わり

メガ枠その1。当初は身代わりを冷凍パンチにしていたが試しに身代わりにしてみたら割と上手くいった。後述のとの相性もよかった。



グライオン
性格:陽気 持ち物:毒々玉
特性:ポイズンヒール
数値:179(228)-115(0)-152(52)-×-95(0)-158(228)
技構成:地震/ハサミギロチン/守る/身代わり

害悪野郎。他では崩せない取り巻きをギロチンで処理する。ここの枠は諸説。



アーゴヨン
性格:臆病 持ち物:ドラゴンZ
特性:ビーストブースト
数値:148(0)-×-93(0)-179(252)-94(4)-190(252)
技構成:流星群/ヘドロウェーブ/大文字/悪巧み

積みエース。後述のからのステルスロック展開や相性の良さもあり同時選出が多かった。刺さるパーティにはほんとに刺さり強かった。



ハッサム
性格:意地っ張り 持ち物:ハッサムナイト
特性:テクニシャン
数値:175(236)-206(140)-164(28)-×-133(100)-96(4)
技構成:バレットパンチ/叩き落とす/剣の舞/羽休め

メガ枠その2。という選出は割と安定性があって強かった。ステロ+剣舞バレットパンチは中々強力。調整は知りません。ほんと適当です。



クレセリア
性格:図太い 持ち物:ゴツゴツメット
特性:浮遊
数値:227(252)-×-189(252)-95(0)-151(4)-105(0)
技構成:ムーンフォース/月の光/毒々/電磁波

サポート枠。あるレート配信を観ていたらこのクレセリアが普通に強いと思い、採用。こいつでジャラランガに対面で勝ててめっちゃ興奮してた。



ヒードラン
性格:臆病 持ち物:気合の襷
特性:貰い火
数値:193(212)-×-127(4)-151(4))-137(84)-135(204)
技構成:噴煙/大地の力/ステルスロック/吠える

ステロ枠。だいぶ前にこの型のドランを知り、試したところなかなか使いやすくてよかったため採用。強引にステロを撒くことができたり、とのサイクルにも向いているため万能だった。



こんな感じですね。
因みにこの構築は前期の終盤に組んだ構築。改良したものです。
このパーティの最高レートは1845です。
変更点は



それ以外はほぼ変わりません。


ここまで見てくれてありがとうございました。7世代最終シーズンも残り少ないですがまだあります。僕自身はまだ潜りますがこのパーティは使わずにいつもので潜ると思います。8世代も迫ってきていますが最後まで7世代を楽しみ尽くしましょう!